バイク買取では所得税はかかるの?

バイク買取では、所得税は原則としてかかりません。


まず、所得税というのは、その名の通り所得に対してかかってくる税金です。

バイク買取をしてもらって、利益が発生していなければ所得税はかかりません。


例えば、100万円で購入したバイクが60万円で売れたとします。
すると、60万円の所得が発生したと考えてしまう人もいますが、それは正しくありません。



この場合、40万円の損失が出ていると考えられます。


実際には手数料などもかかるので、損失はもっと大きくなるでしょう。


よほどレアなバイクでもない限りは、利益が発生することはなく、所得税はかかりません。

また、通勤のために利用をしているバイクについては、仮に利益が発生しても、非課税となります。
仮に、バイク買取で、100万円で購入したバイクが150万円で売れたとします。
この場合、50万円の利益が出ています。

朝日新聞デジタルに対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

通勤のために利用をしているバイクならば非課税なので、この場合でも所得税はかかりません。



レジャーのために利用をしているバイクの場合、課税対象となりますが、50万円の特別控除が利用できるので、やはり所得税はかかりません。


結論として、よほどレアなバイクでもなければ、所得税は気にする必要がありません。

100万円で購入をしたバイクが200万円で売れたというような特殊なケースでのみ、所得税について調べてみると良いでしょう。
そのような場合には、確定申告が必要になるので、税務署に相談をしてみましょう。