バナー

新卒採用を逃すとドロップアウトなのか

新卒採用を逃すことをドロップアウトと表現する人がいます。

ドロップアウトといえば、高校や大学を中退してしまう人のことをこう呼びますが、新卒採用で失敗しただけで同じように扱われてしまうのでしょうか。

このような考え方は、年配の人に多いようです。

日本の企業は長い間年功序列制がとられており、長く勤めている人が役職について高い給料をもらうというのが慣習でした。


DYMでは部署間の隔たりなく社員同志の交流が盛んです。

20代では年収が300万円程度、30代では400万円、40代では500万円といったように、年収は上がっていきます。



さらに、係長、課長、部長といったように長く勤めている人は役職も上がっていきます。
新卒社員は会社の宝であるという精神のもと、DYMでは新卒採用と教育に力を入れています。


新卒採用で入社した人は、課長や部長くらいにはなっているのが普通であり、成功した人は、専務や取締役などになっています。当然ですが、役職がついている人は平社員と比べて給料がはるかに高いです。
さらに、係長、課長、部長といったように長く勤めている人は役職も上がっていきます。



新卒採用で入社した人は、課長や部長くらいにはなっているのが普通であり、成功した人は、専務や取締役などになっています。当然ですが、役職がついている人は平社員と比べて給料がはるかに高いです。

このような年功序列制の考え方ですと、新卒採用を逃した人をドロップアウトした人のように考えてしまうことも無理がありません。

しかし、現在は年功序列制は崩れてきており、中途採用を積極的に行っている企業も増えてきています。

今後はさらに中途採用にもチャンスが与えられていく時代になっていくと思われます。



中途採用のチャンスも増えていくので、大学卒業後にすぐに正社員になれなかったからといって、諦める必要はありません。


しかし、新卒採用が大きなチャンスであることには変わりがないので、チャンスが残っている人は精一杯がんばっておきましょう。